今こそ考えるべき電力自由化のメリット

2016年4月から電力自由化がスタートし、複数の電力会社の中から最適な会社を選べるようになりました。これまでは電力事業は既存の電力会社が独占していましたが、いろいろな会社が電力事業に参入することによって競争原理が働きます。競争原理が働くことによって消費者は電気代が安くなるというメリットが得られます。電力事業に新規参入した企業はPPSと呼ばれており、PPSは新規の契約者を獲得するために、さまざまなサービスを提供しています。サービスの例を挙げると、通信会社のPPSを利用すると電気代が安くなるだけでなく、携帯電話の料金も安くすることができます。電力自由化によるメリットは電気代が安くなるだけではなく、他にもいろいろなメリットがありますので、電力自由化のメリットについて解説させて頂きます。

電気代と携帯電話の料金を安くするための方法

電力自由化に伴い、電力事業には携帯電話の通信事業者も参入しています。通信事業者は顧客獲得のために、携帯電話の料金と電気代を合わせて節約できるサービスを提供しています。通信事業者の新電力会社と契約すると、スマートフォンの通話料やデータ通信料が割引になるため、通信費を安くしたい人にとってはメリットがあります。もちろん電気代も安くなりますので、電気をよく使う家庭やオフィスだと大きなメリットが得られます。このように、通信事業者が行っているサービスは消費者にとっては大きなメリットがありますが、契約内容が複雑になりますので、契約を締結する際には、契約内容をしっかりと確認することが大切です。通信事業者と契約すると、スマートフォンを解約したり料金プランの変更が一定期間できなくなる場合があるので注意します。

電気代とガス代を合わせて安くするための方法

電力自由化によって、ガス会社が電力事業に参入するようになりました。ガス会社が提供するサービスを利用すると、電気代とガス代をセットで安くすることができます。電気代とガス代の両方が安くなるため、光熱費の負担が大きく軽減します。また、請求書は電気とガスが一つにまとまるため、企業や個人事業主の経理処理がとても楽になるというメリットも得られます。ガス会社が提供しているサービスを利用するには、ガス会社と契約を締結することが必要になります。電気代とガス代がどの程度安くなるかについては、電気とガスの使用状況によって違ってきます。使用状況によってはそれほど安くならない場合もあるので、その点を注意することが必要です。電気代とガス代がどの程度安くなるかについては、無料のシミュレーションを受けると判明します。