電力自由化によって受けるメリットとは

2016年4月から家庭向け電気の小売りが自由化されました。導入が始まる前後は電力自由化についてニュース番組で頻繁に特集が組まれていましたね。しかし、いまひとつ内容が理解できなかったり、また結局消費者にとってどういうメリットがあるのかよく分からなかったという人もいるのではないでしょうか。電気は毎日必ず使う大事なものなのに、現状どういうシステムになっているかがよく分かっていないと不安になりますよね。導入からしばらく経った今、世間ではすっかりこのことが話題に上ることもなくなりました。今さら人には聞きづらい、そういった人に向けて、そもそも電力の自由化とはどういう仕組みなのか、またそれによって受けるメリットはどういうものなのかということを説明していきます。

そもそも電力の自由化とはどういう仕組みなのか

今まで、電力といえば地域の大手電力会社によって提供されるものでした。消費者は選択肢を与えられないまま、住んでいる地域の電力会社と契約し、電力の提供を受けてきましたね。それは電気事業法という法律で、各地域の電力会社からしか電力を買うことができないよう規制があったからです。電力の自由化とは、その規制を緩和し、従来の電力会社に加えて新たな会社も電気事業に参入できるようにしたことなのです。例えば、ガス会社や石油・エネルギー関係の会社、携帯電話会社、鉄道会社など、様々な業種の会社が新たに電気事業に加わることになりました。消費者は、この数ある中から、自分の気に入った電力会社を選ぶことができるのです。新しい会社だと安定して電気が供給できないのではないかという心配はいりません。自由化に伴い、発電と送電が分離され、すべての会社が今までと同じ送電網を使用することになりました。仮に電線が故障しても送電会社が修理を請け負いますから、会社によって修理の速度が違うという問題は発生しない仕組みになっています。

電力自由化に伴うメリットとは何か

さて、それでは電力自由化で電力会社が自由に選べるようになったことで、どういったメリットがあるのでしょうか。まず、新電力としていろいろな会社が参入した結果、競争が生まれるということです。今までは地域で一社しかなかった電力会社が独占していた市場を、複数の企業で奪い合うのですから、当然競争になります。それにより電気料金の引き下げや割引、新たなサービスをつけるなど、企業が工夫するようになります。例えば、携帯電話会社であれば、自社の携帯の契約者が電力も契約したら割引するなどのセットプランを新たに考案することも考えられますね。電気料金がお得になれば家計に直結しますから、消費者にとってはこれが一番嬉しいことではないでしょうか。また、太陽光発電による電気や、原子力に頼らない電気など環境に配慮した電気を使いたいという人には、そういったニーズに応える電気も登場するでしょう。料金だけではなく、自分の考えに沿ったエネルギーの使い方が選べるようになる、これが電力自由化のメリットなのです。